スマートフォンの誕生と歴史について

スマートフォンの誕生と歴史について

 

スマートフォンとは

携帯電話とスマートフォンは、何が違うのでしょうか?この2つは、出身からして違うものであり、その歴史も別々です。

携帯電話は、そもそもインターネットに繋げることができません。外で通話できることが機能の中心であり、おまけとしてEメールなどがありました。スマートフォンは、PDAと呼ばれる携帯情報端末が進化したもので、携帯電話が進化したものではありません。PDAは、Eメールやインターネットができる携帯デバイスですが、以前は通話機能がありませんでした。そして、PDAに通話機能がついたものをスマートフォンといいます。

スマートフォンが普及し始めたのは、2007年にapple社がiPhoneを誕生させてからです。その頃の日本は、ガラパゴスケータイの最盛期でした。まったく見た目も違うスマートなiPhoneは革新的で、日本にも強い衝撃が起こりました。また、iPhoneは、今までのスマートフォンを改良して、指で操作ができる全面タッチパネルを開発しました。ほぼボタンが画面にひとつしかないシンプルなデザインは革新的でしたが、今やスマートフォンのデファクトスタンダードとなりました。

また、今では当たり前ですが、パソコンでしか見ることができなかったウェブサイトの閲覧などがiPhoneでできるようになりました。ここが、携帯電話とは大きく違う部分です。このような革新的な技術によって、スマートフォンは大きく進化しました。このサイトでは、スマートフォンの歴史や誕生についてご紹介します。


▼ スマートフォン関連 おすすめ外部リンク ▼
スマートフォンといえば今やiPhoneが一番の人気でしょう。販売店だけでなくiPhone修理を行う業者も増えているほどです。登録修理業者を1つご紹介します ⇒ iPhone修理