スマートフォンの誕生と歴史について

スマートフォンの誕生と歴史について

 

革新的なiPhone

Apple社のiPhoneが2007年に誕生してから、急速にスマートフォンの普及が進みました。日本人にとっても、スマートフォンの始まりは、iPhoneというイメージが強いです。2008年当時、ガラパゴスケータイの最盛期に日本で発売され、強い衝撃が起こりました。そして今や日本のiPhoneシェアは、世界より高いのです。そんな人気を誇るiPhoneですが、どのような部分が革新的だったのでしょうか。

Apple社は、コンピュータ機器としてMacやiPodを発表してきました。2007年の1月にApple社の創業者であるスティーブ・ジョブズは、今までのスマートフォンを改良して、より良いスマートフォンを販売するという宣言をしました。それがiPhoneです。当時からスマートフォンというものはありましたが、それほど認知はされていませんでした。当時のスマートフォンは、スタイラスペンやキーボードがありましたが、iPhoneはそれらをすべて廃止して、指で操作ができる全面タッチパネルにしました。そのシンプルなデザインは革新的でした。これによって、スマートフォンというデバイスのコンセプトをほぼ確立することになりました。

また、ウェブサイトの閲覧、動画視聴、音楽視聴など、当時の携帯電話ではできなかったことが簡単にiPhoneでできるようになりました。まるで手のひらで持てる小さいパソコンのような端末を作ることに成功しました。こうした技術が、革新的なスマートフォンとしてiPhoneが人気がでた理由と言えるでしょう。